2014年07月21日

何で旧型コペンなのか?

新型コペンが発売されたのになぜ旧型コペンなのか?
旧型にこだわる理由は?


1.エンジンが優れている
やっぱりこれが一番大きい。
JBエンジンは軽のエンジンとして最高峰を行くと思っています。
新型のエンジンはまだまだ未知数ですからね。

2.デザインがいい
あの丸目と丸い形が良かったのに、トヨタちっくな外観になってしまった。
もちろんアフターパーツで変更することは出来るだろうけどいつになるやら。
新型は純正品でも丸目モデルは出るようですね。

3.アフターパーツが豊富
これも大きい。
発売から13年が経ち一通りのアフターパーツが出揃っている。
純正部品もまだまだ補給されるから安心ですね。


以上の理由で旧型を探してると言うわけです。


posted by トト丸 at 20:38| Comment(0) | コペンとの出会い

2014年07月19日

ダイハツコペンとの出会い その2

さて、コペンに乗換えを検討したのが2013年の末。
アルテッツァの車検に出したら32万の見積もりが出たのがきっかけでした。

触媒のカバーがめくれてしまってセンターパイプごと交換しないと車検は通せない。
更にスリップサイン出てるからタイヤも交換。

まぁ、結局ここのディーラーでは出さず友人のツテで紹介してもらった車屋さんで10万以下で車検を通したんですけどね。


で、そのときに新型が出たら多少は値段が下がるだろうという予測でコペンを夢見るようになりました。
本格的に探し始めたのが2014年の7月から。
つい最近ですね。

予算は105万。
もちろん、消費税や諸費用込みの値段。
これがねー、、とてもじゃないが買える値段じゃない。
7年落ち5万キロ以内で探してるんだけど、この条件だと乗り出し125万ぐらいになる。

まぁ、気長に探しますが果たして見つかるのか、、、

タグ:中古 コペン
posted by トト丸 at 12:28| Comment(0) | コペンとの出会い

ダイハツコペンとの出会い その1

2002年ダイハツコペンが発売。
その頃自動車関連の会社に勤めていたため発売より前に出ることは知っていました。

コストパフォーマンスの高い車だな、乗ってみたいなという気持ちはありましたが、車を買い替えたばかりだったのでコペンに乗ろうとは思っていませんでした。

コペンの発売から6年。
結婚をして車が2台体制に。
自分の車の出番が徐々に減り、自分専用の車となっていきます。

更に時は過ぎコペンの発売から12年。
完全に自分用と化している愛車、アルテッツァも14年目に突入しまだまだ元気ですがツレが欲しいと言うのでじゃあってことで税金も安く燃費も高い車に乗り換えることを決意。

そうなると乗りたい車は1択ですよね。
どうせ自分専用の車なんだからツーシーターでも問題なし。
で、本格的に車を探すことになります。

続く
posted by トト丸 at 11:31| Comment(0) | コペンとの出会い