2019年06月15日

ドラムブレーキカリカリ音

以前から気になっていた、リヤブレーキからのカリカリ音。
土曜日にちょっと時間があったので御開帳してみた。

ブレーキを踏むと回転周期に合わせてコンコンコンと音がする。
ジャッキアップしてタイヤを手で回して見たらなんとなく引っかかる。
ブレーキ引きずってる感じではないので何だろう?

DSC_4988.JPG
もしかしてこれ?

アップ
a.jpg

ああん、これがドラムと干渉していたっぽい。
ラジペンで真っすぐに直して、ブレーキ回り掃除して蓋を被せ、、、

あ、しまった。
ブレーキシューが広がってしまった。
2019-06-15 13.23.57.jpg

ううむ。
戻し方が良く分からない。
新型のブレーキはマイナスドライバーでカチカチやるタイプではないのか。

どうも、分解してやらないと戻せないっぽい。
クリップ外して、下側のばねを外したら、カム部分を戻す事が出来た。
やれやれ。

途中から雨が降ってきてどうなる事かと思ったけど何とか元通り。
異音もなくなり、タイヤの引っかかりもなくなって正常に戻りました。
しかし、あの程度の打痕で異音がするとか構造が良くないんじゃないか?
それともアルフィンドラムの形状の問題か?

posted by トト丸 at 14:40| Comment(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: